ごあいさつ

整形外科専門医(副院長)

 私たちのクリニックでは、関節、骨、筋肉などの運動器の障害や痛みの専門的治療を行うと同時にそれらの機能回復を目的としたリハビリ治療を行うことで患者様の早期の社会生活の復帰を後押します。
 長期に及ぶ痛みは生活の質(QOL: Quality of Life)を低下させてしまいます。仕事や趣味の継続を断念せざるを得ないことや、運動能や歩行能力をも低下させ自立した生活が知らず知らずのうちに介護状態に陥ってしまうこともあります。QOLの低下を未然に防ぐためには、迅速かつ正確な早期診断、適切な時期に正確な治療、が必要です。
 現在の整形外科学において病名のつかない病態(筋肉に関連した疼痛、原因部位から続発した関連痛、など)は数多く存在します。しかしこれらはレントゲンでは写りません。こういった病態に対して “レントゲンでは大丈夫だから”といった説明で終止せず、原因部位を特定しターゲットを明確にした治療をモットーとしています。
 当クリニックでは早期診断から手術治療まで切れ目のない一貫した治療を行っています。

We bring active life to you.
  • 田所整形外科クリニック
  • 院長
    丸野 英人(まるの ひでと)
  • 写真
  • 【経歴】
  • 平成9年
    神戸大学整形外科入局
    近畿大学医学部卒業
    神戸大学医学部整形外科入局
    平成15年4月
    新須磨病院に5年間勤務
    平成20年4月
    あんしんクリニックにおいて膝関節の専門手術を行っている

  • 【手術実績】
  • 平成25年
    膝人工関節 137例
    膝関節鏡手術 148例
    (半月板手術 132例 前十字靭帯再建術 58例)
    平成26年
    膝人工関節 165例
    膝関節鏡手術 127例
    (半月板手術 111例 前十字靭帯再建術 50例)